ビキニの選び方☆簡単にわかる3つのタイプを体型別におすすめ

ビキニはやっぱりかわいい♪

今年はビキニ姿のかわいい女子をたくさんビーチで見かけます~。
やっぱりビキニはインスタ映え、オキナワンブルーでよりかわいいですね。

でも、ビキニってちょっと恥ずかしいし、実際いろんな形があるのでどんなタイプがズレなくて着心地がいいのかちょっと心配、なんて声もよく聞きます。

私がずっと愛用しているサーフブランドの水着はどれも

♡長時間着ていても疲れない
♡激しく動いてもズレない
♡何度洗ってもしっかり丈夫

ビキニ、水着っていっても夏になると本当にあらゆるところにたくさん売っていますね。どれを選んだらいいのか、どこで買えばいいのか悩みませんか。

サーフブランドのROXYやRIPCURLなどの水着は、サーフィンをする為に作られているので間違いなく動きやすくて丈夫、そして安心です。

以前は7枚の水着を毎日着回しし、サーフブランドの水着を沖縄で長年販売していた私から、選ぶときのポイントをちょこっとアドバイスします。

そう、ちなみに沖縄の女の子って水着を着たことないっていう方が多くて、20歳超えてお店に来られて、初めて水着を購入されるみなさんから本当によくたくさんの相談を受けました。

そんな経験から、アドバイスさせていただきます。

ビキニの3つのタイプ

*普通の三角ビキニ*

*ホルターネックビキニ*

*三角ビキニだけど紐とパッドが動かないタイプ*

こんな感じで大まかにわかれています。

もちろんかわいい柄、気に入った柄も大切なポイントですが、せっかく気に入っていても海に入ったり、ちょっと動いてズレてしまうとちょっと悲しい。

という事で体型も意識して選んでみるといいかもしれません。
気に入った水着は心までハッピーになりますよ☆

では、タイプ別にご紹介。

*普通の三角ビキニ*

こちらのタイプはほとんどの方におすすめできます。

こちらのビキニを購入

パッドの位置も調節できるし、紐ですぐにしめたりできるので安心感しかありません。
胸パッドが紐で位置を調整できところがポイントです。
そして紐だと着替えも楽々で、ビーチの更衣室などでもすぐに着替えができて安心〜。

*ホルターネックビキニ*

ホルターネックのタイプは胸パッドから首までの部分が紐ではなく生地の延長になっています。

こちらの写真のものは少し細めですがそれでも紐ではなく生地の延長というところがポイント。

紐でない為に、胸が小さめさんだと少しブカブカしてしまいます。

生地が多くて安心感がありそうに見えますが、実は胸の大き目さん以外はズレやすい・・・
このヘザーブラウンコラボ水着もとってもかわいいし、おしゃれな雰囲気のタイプにとても多い形です。私もこのタイプでサーフィンやSUPはちょっと出来ない、残念(涙)…

*三角ビキニだけど紐とパッドが動かないタイプ*

こちらのタイプは胸パットとアンダーの紐が一体化されていますね。

こちらの写真のお姉さんも少しグラマーさんでサイドに引っ張られている感じしませんか。

そう、グラマーさんにはこちらはおすすめできないのです。
あと、ちょっと胸が離れています、とか、パッドがしっかりくっついていないと不安な方はやめておいた方が安心です。

でもこの形、実は痩せ型さん、小さめさんにはかなりしっくりくるようです。

(こちらのお店『ビーチデイズ沖縄』は実際に沖縄にお店がありますので地元の方はもちろん、観光旅行で現地調達したい時にぜひ行ってみてください。小さいお店なのでゆっくり見て試着購入もできます。海と水着の似合うスタッフとの会話も楽しく、またinstagramでもとっても人気です)

体型別のビキニの選び方まとめ

*普通の三角ビキニ=実は一番ズレない誰にでも合いやすい*

*ホルターネックビキニ=グラマーさん向け、小さめさんは注意*

*三角ビキニだけど紐とパッドが動かないタイプ=ミニーさん向け、グラマーさんは注意*

いかがでしょうか。沖縄ガールズのはじめての水着購入サポートをはじめ、たくさんのみなさんへサーフブランド水着のアドバイスをさせていただいてきた経験を簡単にまとめてみました。

なかなか聞くに聞けないし、実際試着だけではわからないもの。

最近は通販で購入する方も多いので、安心して楽しく水着を着ていただくために。

どなたかのお役にたてれば嬉しいです。

みなさん夏と海を満喫しましょう♪

一年中水着が買える人気サーフカジュアル・バッグ専門店 AloHeart Okinawa

【Luna Aloha】
沖縄の海の魅力、島の魅力にすっかりはまりスクーバダイビングのインストラクターに。現在は海で楽しむためのアイテムやもっと沖縄を楽しんでいただけるような情報をアロハスタッフと一緒に発信しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク