シーサーは沖縄の守り神、置き方の工夫を★8月9日沖縄の天気は晴れ

皆さまこんにちは!

本日は古くから沖縄の伝統の守り神、シーサーのお話です。

シーサーの由来は古代オリエントのライオンだそうです。

あのエジプトのスフィンクスともルーツが同じだそうで驚きですね。

雄と雌一対で置かれることも多く、口を開けたシーサーが

福を招き入れ、口を閉じたシーサーがあらゆる災難を家に入れない。

とされています。

置き方としては門前あるいは風水的には東北の鬼門方向におくと

効果が発揮されます。

沖縄の観光土産としては今では随分ポピュラーなものになりました。

県内のお土産屋にはキティちゃんやアニメのキャラクター

とコラボしたキーホルダーやストラップなどが多数ならんでいます。

私がみたやつでは、ワンピースのチョッパーがシーサーにまたがっている

キーホルダーがありました。

トナカイが獅子にまたがるとはもうわけわりません(笑)

地元民には常識ですが、ライオンズマンションも沖縄の場合

ライオン像ではなくシーサーが置かれています。↓↓

立派なシーサー像ですが本土のライオン像よりも

コストは低いそうです。

ライオン像よりもシーサーの方がはるかに流通している

ということも価格の安さに繋がっているのでしょうね。

沖縄の守り神シーサー、どんどん全国に広まってもらえれば

地元民としては誇りです。

最高気温は34℃降水確率は20パーセント

きゅうなにわか雨にご注意ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク