今日もまたいい天気 出来れば土日もこうだといいんだけど

あろはいさい!

これからは新しいシーズンに入るという事で沖縄ネタを増やしていこうと思ってますがどうも現状が現状なだけにネガなネタになってしまうのがなんとも
明日明後日あたりからちょっとした企画を試してみようと思っています
あくまで予定ではありますが…
そんな訳で今日もいつものように小話を

  • 新型肺炎のパンデミックで思った事
    やっぱり沖縄県は観光客(特に東アジア圏)頼りから脱却しないとダメですねこりゃ
    ここ近日、観光客を対象にした商売をしているところが打撃を受けているのを見ていると県民よりも観光客にお金を落としてもらおうと思っている人たちが多いなぁと改めて思わされました
    そりゃあ派手にお金落としてくれる人達相手にしていた方が色々と楽だし食っていくためにもそうした方がいいでしょう
    だけどそこで地元の人を無下にするのは間違っていると思います
    今回のような事が起きた場合、立ち直るのにもあらゆる力がなくなっている状態なのでうまく立ち直れるかわからないのとよくわからない第三者に余計な茶々を入れられる可能性も考えると…(かと言ってオール沖縄とか言ってる場合でもない)
    なので今後の沖縄は観光客よりも県民を相手にして生きていく方法を模索していくべきだと思います
    いつまでも東アジア圏の富裕層に頼っているのはよくないかと
  • マネキン記念日についての小話
    1928年のこの日、東京は上野公園で開かれた「大礼記念国産振興東京博覧会」で高島屋呉服店が日本初の「マネキンガール」を登場させた…と言われています
    ただ、この「マネキンガール」に関しては今で言う服を着せるための人形である「マネキン」ではなく店の商品である服を着て客に応対する販売員「ハウスマヌカン」だったと言われています
    「ハウスマヌカン」はモデル兼販売員として女性に服を着せて見せたことで人気を集めたと言われています
    ちなみにマネキンという単語の由来はフランス語で「モデル」の意味である「mannequin(マヌカン)」の英語読みに由来すると言われています
    「マヌカン」のままだと「招(まぬ)かん」とも読めちゃうじゃないかと思った人がいたのか…はわかりませんがある化粧品会社が招き猫とかけて造語を作ったのがマネキンという単語のルーツなんだとか
    ついでに言うとオランダ語の「小人」を意味する「manikin」にも由来していると言われています
    基本的に「マネキン」というと「マネキン人形」の事を指しますが本来の意味は先ほども言った通り「ファッションモデルや店頭において商品の宣伝・販売促進にあたる販売員」なんです
    マネキン人形に衣服などを着せて撮影した事はありますがマネキンそのものの由来は初めて知りました…

2つしか小話ないのに長くなってしまった
そんな訳で今日はここらで天気の話に切り替えたいと思います

4月もこういう爽やかな空になってほしいのだが…

今日の天気もおおよそ昨日と同じような感じではありますが、最低気温18℃になっています
最高気温は昨日と同じ、あるいは1℃下がっているくらいです(23℃くらい)
そこまで寒がりでないのであれば寒さ対策はしなくてもいいと思われます
風と波の強さも特筆する事はありません
強いて言うなら今日の波は2m後に1.5mになるくらいでしょうか

上の方で地元の人に必要な物を出してくれ、県民の方を向け と言ったのは観光業以外にも何かしら収入源を作った方がいいというのもありますが、それと同じくらいには県民の生活の質の向上をしてほしいというのが強いです
もっと言うならば県外であるようなエンタメやサブカル方面のアレコレを県内でもやってほしいというのが(以下略)

それでは今日はこのあたりで失礼します
また明日ー

おすすめ