沖縄の食チャンプルーとは

沖縄の食卓に最も頻繁に登場する料理と言えば、まず間違いなくチャンプルーでしょう。

チャンプルーとは、野菜と豆腐を一緒に炒めた料理で、苦瓜(ゴーヤー)と炒めればゴーヤーチャンプルーです。チャンプルとは豆腐やゴーヤーをベースに炒めることで、チャンプルーとはごちゃごちゃに混ぜるという意味です。ベースとなる豆腐やゴーヤーが主役となるのです。豆腐チャンプルーの沖縄豆腐は、食品成分表でも木綿豆腐や絹ごし豆腐とは別に「沖縄豆腐」として独立した項目で呼ばれているように栄養値も本土の豆腐とは違います。本土の豆腐とは違い水分が少なくタンパク質やカルシウムに富んでいるんです。特徴として野菜類を洗ってしっかりと水分を切ることで水気を無くすことです。豆腐は大きめに手でちぎって豆腐の表面がきつね色になるまで焼き、その後は野菜を加えてさらに炒めます。野菜とほかにポーク、豚肉を加えることもあります。豆腐チャンプルーの豆腐、ゴーヤーチャンプルーのゴーヤーの、冠(頭)をとって〇〇チャンプルーを呼んでいますが、麩(車麩)を使ったフ―チャンプルー、素麺を使ったソーミンチャンプルなどもあります。

食堂などではフーチャンプルーをフーイリチー、ソーミンチャンプルーをソーミンプットゥルーと呼ぶ方もいます。本土でもゴーヤーチャンプルーはメジャーになってきましたが、沖縄では昔から夏にはビタミンCを多く含んだ夏野菜として食されてきました。

 

沖縄は琉球の時代から、東南アジア、日本、アメリカの影響を受け、それぞれの国の文化を柔軟に受け入れて独自への文化へと発展させた。その文化を「チャンプルー文化」と呼ぶことがある。

おすすめ