五輪マスコットキャラクター3候補が公開★沖縄の天気12月8日金曜日

皆様こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか?

季節は師走にさしかかり、働いていらっしゃる方は忙しくなってパタパタ

そして残業づけなんて日々をお過ごしかもしれませんね。

寒くなってますので体調管理などお気をつけて無理をなさいませんように。

来年は2018年、そして東京オリンピックまであと2年となってしまいます。

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12月7日、大会マスコットの最終候補3作

品の発表会を開きました。大会で初めて全国の小学校のクラスごとに1票を与える投票で

決定することになり、最多得票の作品が正式なマスコットに選ばれます。

投票は11日から来年2月22日まで行われます。採用作品は来年2月28日に発表され、

名前は来夏に決まるということです。

おそらく著作権などがありますからこの記事に画像を載せることはできませんが

「ア案」「イ案」「ウ案」の3種類の実にかわいらしい候補のキャラクターデザインが

公表されています。

ア案は「伝統と近未来が1つになった温故知新なキャラクター」、

パラリンピックマスコットは「桜の触覚と超能力を持つクールなキャラクター」

イ案は「日本を暖める炎と大地から生まれたキャラクター」という

設定で、招き猫とキツネがモデル。パラリンピックマスコットは「日本に四季を呼ぶ風と空か

ら生まれたキャラクター」で、神社の狛犬(こまいぬ)がモデル

ウ案は「日本昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラク

ター。キツネに日本古来の勾玉(まがたま)をあしらって生まれた」、パラリンピックマス

コットは「頭の上の葉っぱを使い、自由に変身するタヌキのキャラクター。日本古来の化ける

タヌキから生まれた」という設定

デザイン案は今年8月に一般公募し、マスコット委員会の審査によって2042作品の中から絞ら

れたそうですが、どれも実に今の日本らしい洗練された

キャラクターデザインだと私は感じます。ポケモンみたいという声も聞かれています。

小学生の投票で決まるというのもいいですね。日本の子供達はいろいろなキャラクターに

囲まれて育っていますからキャラクターのセンスは小学生に任せた方がいいという

ことなのかもしれません。

ア案かイ案かウ案かどのキャラクターが選ばれるのか楽しみです。

最近暗いニュースばかりでしたので久々に前向きな楽しいニュースでした。

小学生の力も借りて明るい元気な日本をオリンピックでアピールできたらいいですね。

↓↓↓↓↓

一年中水着が買える人気サーフカジュアル・バッグ専門店
「AloHeart Okinawa   

みなさまのご来店スタッフ一同心よりお待ちしております。

おすすめ